末広帖 画像掲示板


松山高女および松山南高校同窓会東京支部の専用掲示板「末広帖」です。関係者以外の投稿はご遠慮ください。

41376
● 投稿フォーム
エラーメッセージが表示されたらブラウザーの戻るで戻って修正してください
23640696 伊予の偏屈者 - 神野昭子
2019/01/27 (Sun) 00:51:01
今年最初の文化フォーラムは
元松山南同窓会関東支部長、明治大学教授の
玉井崇夫氏の
「東予の偏屈者 安藤正楽ー日露戦争非戦論の碑」

安藤正楽は
慶応2年(1866)宇摩郡に生まれる。
二十歳の時、文化的なもので民を治める意である
正楽に自分で改名した。

非戦論者で芸術家であり
生涯を通じ平和、人権の先覚者であった。

日露戦争後の凱旋軍人等から依頼された記念碑の
碑文が削り取られ、
顔のない記念碑として今なお残っている。

削り取られた部分の拓本などが見つかり
その原因の究明等を通して
全く知らなかった正楽の一端が垣間見られた。
23624390 国立新美術館で独立書展(國井久美子さん出品) - 伊藤規志子
2019/01/13 (Sun) 16:03:32
平成31年1月9日~21日(月)、六本木の国立新美術館で独立書展が開催されている。時間は10時~18時だが、入場は17時30分までである。ただし最終日は14時30分(入場は14時まで)なので、気を付けてほしい。18期の國井久美子さんの作品は、大作で4室に出品しているので、ご覧になっていただきたい。
後援は文化庁と毎日新聞社。
23621263 瀬戸内海の島々に春の光 - 伊藤規志子
2019/01/10 (Thu) 21:38:26
外国人が選んだ「今年行くべき旅行先」に瀬戸内海の島々が選ばれている。7位にランクインされた。瀬戸内海の島々では、時々芸術のイベントが催されることは知っていたが、今年は瀬戸内国際芸術祭が開催されるということだ。春から、アートのかおる島々に立ち止まる人が増えていくことだろう。
23602611 文化フォーラム - 神野昭子
2018/12/23 (Sun) 17:03:45
本年最後の文化フォーラムは

楽しく快適に暮らすために
  犯罪者と依存症から身を守る方法

と題して、元神奈川県宮前警察署長の
小坂光造氏(20期)の講演であった。

犯罪者

  泥棒撃退の三原則は
  音・・・・100均の防犯ブザー
  光・・・・防犯灯
  時間・・・複数の鍵
 
  助けてという声は出しにくいのでブザーを持つ  のが良い。
  明るい所では泥棒は出来ない。
  鍵が二つあると、時間が掛かり他を狙う。 

 最近の振り込め詐欺、危険ドラッグ、ネットの犯 罪は、反社会的勢力が裏を支えている。
 
 裏社会の人間には
 原則近づかないようにし、
 「警察」という言葉を頻繁に使う。
居なくても、親戚の警察に相談するとか。

依存症
 アルコール、ギャンブル等にはまり過ぎ
 依存症という病気になる。
 結果、集金したお金をパチンコにつぎ込んだり、
 横領罪になる。
 女好きが過ぎて、痴漢、ストーカーになる。
 
依存症になってしまった人は
コントロールをという事であるが
それ位の事で抜け出す事が出来るのであろうか。

率直な感想である。
23571051 やまなみ秋の句会 - 神野昭子
2018/11/25 (Sun) 23:07:30
少々マンネリ化してきた句会を
何とかしたいと、
選句後の披講時の名乗りを後にした。

初めは少し戸惑ったようだが、
かなり時間の短縮が出来た。

披講後、各句の点盛をし
高点から色んな意見交換をした。

誰の句か分からない為、自由闊達な意見が出た。
夏井いつきばりの厳しい意見に
大変盛り上がった。

今回の自選句

 門院も紅葉愛でしか寂光院       和夫

 踏めば鳴く花絨毯や金木犀       卓

 指先に香残して松手入         八重子

 松手入眺めるばかり手につかず     恵子

 蜘蛛死すもなほ小春日に光る糸     道雄

 秋高し松山城を仰ぎけり        直樹

 同期生夫の写真と紅葉狩        文江

 鬼怒川の岩場綾なす紅葉かな      礼子

 赤き花胸に幼の得意顔         冨貴恵

 松手入鋏の音に振り向けば       次昭
 
 ジョギングのやがてとぼとぼ星月夜   泰男

 行く秋の黄昏時やハーモニカ      ひろ子

 梵鐘の突如と鳴るや松手入       宜子

 主なき家より聞こゆ松手入       道夫

 松手入緑の筵織りすすみ        等

 稲刈機追いかけている鷺の群れ     幹

 色街の黒板塀や松手入         人

 松手入矢庭に弦音響きけり       修平

 植木屋に見よう見真似の松手入     誠一

 露天湯に紅葉は浮び空は群青      豪騎

 秋暑し抽斗し奥の肥後守        昭子

本日の高点句

  指先に香残して松手入   八重子

次回冬の句会の兼題は『春近し』
23548806 無門展のお知らせ - 伊藤規志子
2018/11/06 (Tue) 23:57:48
書道家の国井久美子さん(18期)から無門展の案内がありました。永い歳月精進した筆使いには、力強さと風格があります。興味のある方は、銀座画廊に足をお運びください。
◇無門展 2018年11月6日~11日
      午前11時~午後7時(最終日は午後5時まで)
     銀座鳩居堂画廊 4階
東京都中央区5-7-4 電話03-3574-0058
23538748 文化フォーラム - 神野昭子
2018/10/28 (Sun) 23:33:42
今月のフォーラムは趣向を変えて
民話。

ボランティアで
小学校や、老人施設などを回っている
ところざわ倶楽部の民話サークルの人。

ほっておくと消えてしまう
昔の話をまとめ映像、紙芝居風等で広めている。

ところざわ倶楽部で子規や漱石の話を、
シリーズで講演された9期の栗田さんも駆けつけ
盛り上げて下さった。

ちょっとした手遊びで気分を和らげ
「福猫塚」の話。

猫を大事にすると幸せになるという物語を
我々も知らない地元の言葉で話すと、
最近、三匹の捨て猫の面倒を見ていた出席者が
良い事があったと言われた。

他に永井のサツマイモの話や
飛行場発祥の地である昔の所沢の様子が
映し出された。

演者は相手がそうそうたる大人の前での話の為
かなり緊張してしまったようであった。
23525303 11月10日(土曜日)「翔」邦楽演奏会のお知らせ - 伊藤規志子
2018/10/16 (Tue) 22:08:22
毎年新橋の内幸町ホールで邦楽演奏会を開催している後藤善宏さんから案内が届きました。お箏や尺八などの邦楽器が奏でる世界を楽しむことができます。どうぞ誘いあってご参加ください!
日時:2018年11月10日(土曜日)、午後2時開演
開場:千代田区立 内幸町ホール
参加費:無料
アクセス:■都営三田線内幸町駅A5番出口よりJR線路方面徒歩5分■JR新橋駅(日比谷口)より第一ホテルを過ぎ、広場の階段を下る。徒歩5分■銀座線新橋駅7番出口に向かい地下通路経由
 徒歩5分(問い合わせ先:03-3328-8296の岩橋まで)
23472202 曽根田駿さん出演(チェンバロ)のコンサート - 伊藤規志子
2018/08/30 (Thu) 02:13:46
8月28日、東京オペラシティの近江楽堂で開催された、イタリアのバロック音楽(17世紀~18世紀中頃の音楽)、「親愛なる愛の神様」を、4人で聴いてきました。ソプラノ歌手が歌い、リコーダー、曽根田さんのチェンバロ、リュートで奏でるものでした。18世紀になると、ナポリはオペラの都となっていったようですが、愛と哀しみを歌い上げるオペラの音楽祭に迷い込んだような素敵な時間を持つことができました。美術館の絵画によく描かれているリュートの楽器の音色を知ったのも新鮮でした。曽根田さんは、後2年間フランスでチェンバロを学ぶそうです。
23468387 やまなみ夏の句会 - 神野昭子
2018/08/26 (Sun) 15:05:51
猛暑がぶり返した8月の文化フォーラムは
やまなみ夏の句会。

久しぶりに参加されたり、投句された方もあり
何時ものように賑やかな会になった。

今月の兼題は「祭」

祭は夏の季語で、他の季節で使う時は
春祭、秋祭となる。

 滝一本山の光景をさめたり      和夫
 
 夏暁や消し忘れたる保安灯      卓

 村あげて陶酔境の夏祭        政紀

 夏空に花火パチパチ祭知る      恵子

 思ひ出の中に母あり麦こがし     八重子

 神輿渡御胸はだけたる男衆      道雄

 球場に勝者の校歌夏の空       直樹

 紫陽花の日陰に重く咲きにけり    次昭

 嘘のなき言の葉涼し尾畠さん     文江

 不夜城のごとく団地の夏祭      冨貴恵

 摘む前のトマトに注ぐ今朝の水    礼子

 初デート母の作りし浴衣かな     泰男

 掛け声の太く地を這ふ荒神輿     ひろ子

 夕暮れて祭囃子の近さかな      幹

 空蝉のまだしつかりと松の幹     宜子

 草いきれ曲輪の中に迷いけり     道夫

 故郷の織機の聞こえぬ暑さかな    等

 風渡る木立や蝉のカルテット     人

 夏暁やドン待ちならぶ道後の湯    修平

 余生とは孫の子守か雲の峰      誠一

 遊具抱く水着あふるる海の駅     壕騎

 祭髪男言葉を群集に         昭子

本日の最高点は

 掛け声の太く地を這う荒神輿  ひろ子 

秋の句会の兼題は 「松手入れ」です。