末広帖 画像掲示板


松山高女および松山南高校同窓会東京支部の専用掲示板「末広帖」です。関係者以外の投稿はご遠慮ください。

44606
● 投稿フォーム
エラーメッセージが表示されたらブラウザーの戻るで戻って修正してください
23988808 独立書展のご案内 - 伊藤規志子
2020/01/11 (Sat) 22:06:43
書道家の國井久美子さん(18期)から、今開催中の「独立書展」の案内が届きました。書道の好きなお友達を誘って行くのもいいですね。
・令和2年1月8日(水)~20日(月)
 ただし、14日(火曜日)は休館日
・10時~18時(入場は17時30分まで)
 ただし、最終日20日の入場は14時まで
・六本木国立新美術館
・入場無料
主催(公財)独立書人団  後援 ぶんか庁 毎日新聞社
23987948 明けましておめでとうございます - 伊藤規志子
2020/01/10 (Fri) 23:04:33
新しい年が明けてからもう10日も経っているのですね。おめでとうございます。掲示板 広報担当の伊藤規志子です。同窓生に知らせたい情報がありましたら、是非とも投稿してください。楽しみに待っています!
23984331 藤原一枝さんの新刊書の紹介! - 伊藤規志子
2020/01/07 (Tue) 00:25:51
新刊『さらわれた赤ちゃん 児童虐待冤罪被害者が再び我が子を抱けるまで』(幻冬舎)が12月23日に全国発売されました。
どうぞご覧ください。


23972240 文化フォーラム - 神野昭子
2019/12/22 (Sun) 21:10:57
今回の奥の細道は源氏物語とのコラボ。

一体どんなことになるのか興味津々。
大事な話の途中、他の句会から
まだ来ないけど大丈夫かとメールが入った。

日にちを間違えたと、うろ覚えの3句を
慌ててメールした。

源氏物語の「夕顔」を舞台にかるみの世界を描く!

出会った人々との交流を大切に
俳諧の道への旅をしていたが、
江戸を出て四百里ほどの山中温泉で
同行の曾良は病を得て芭蕉と別れる。
 
芭蕉は赤貧の生活を送っている等裁の家を訪ねる。
家には夕顔がはえかかる。
夕顔は貧しい家にはえかかる花である。
女性が源氏物語を朗読する。

こんな質素な家も源氏の住む御殿も
かりそめの宿である。

門を叩けば等裁の妻が出てきてそっけない対応。
夫婦は風狂ではあったが、暖かい人であったため
二泊もした。

言葉の中にある真実を穿って欲しい。

俳諧は雅な文芸である和歌などと同じ位置との観を
持つ芭蕉は、この旅に大きな期待を寄せていた。
23966168 中村哲氏の死に際して - 伊藤規志子
2019/12/15 (Sun) 10:34:36
中村哲氏の報告会に行ったことがあります。その時に中村さんは医師であることの枠を超えてアフガニスタンの人々のためにと、農業振興のために用水路を拓いたことを知りました。その後中村さんの本を読んでもっと驚いたのは、その当時の日本の技術をそのまま導入して用水路を造ろうとしたのではなく、現地の実情に合わせて、江戸時代の技法を使って応用したことです。とても頭のいい人だと思いました。こんな人を誰が?どうして?と中村さんが殺されてから、不思議な気がしました。1989年にアフガニスタンからソ連が撤退しましたね。あるメディアによれば、その数年後あたりから、アフガニスタンの人口は急速に増加しているというのです。2001年9月11日、アメリカの同時多発テロ後、アルカイダをタリバン政権がサポートしているとして、アメリカはアフガニスタンを攻撃しましたね。それでも、アフガニスタンの人口は減ってはいないのです。中村哲さんが急激な人口増加と戦争で、食糧がなく苦しんでいるアフガニスタンの人々に対して、やむにやまれぬ気持ちに突き動かされて支援していたのだと思います。そうした中村哲さんの行動に対して異なる価値観をもって怒っていた人がいたわけです。誰が?何のために?
23963601 中村医師のご冥福をお祈りいたします。 - 作道文江
2019/12/12 (Thu) 12:26:49
本日の朝刊で寂聴さんが中村哲さんの死をエッセーに書かれていました。ただ無死の忘己利他(もうこりた)の奉仕の報いが、この無残な結果とは!

投稿欄には、中村医師は講演などで、進歩という言葉に惑わされるな、自然に対し謙虚であれ、何より誠実さが大切だ、と言われた。今はそれを肝に銘じようと。

 社会面の記事には、砂漠化した平野に用水路建設がはじまり、緑に覆われるようになった、アフガン東部の写真がビフアー、アフターの二枚の写真が載っています。その記事の中で一番心に残ったのは次の部分です。
 取水堰は、江戸時代に築かれて今も使われている山田堰(福岡県朝倉市)がモデル。護岸はコンクリートを使わず、鉄線で編んだ「蛇籠」に石を詰めて積み、そこに根を張る柳を植えて、護岸を補強した。防風・防砂林の植樹総数は100本を超えた。
 台風で被害があった千曲川、多摩川などに使われるスキルは無いでしょうか。
23955194 城戸久枝さんの講演に関して - 作道文江
2019/12/03 (Tue) 21:17:28
 今日、同期の方から嬉しいお便りをいただきました。ご本人の承諾は得ていないのですが、読書家である方らしい感想で、
お知らせしたくなりました。私は「あの戦争から遠く離れて」と「じいじが迷子になっちゃった」を半分しか目を通していません。
 前略後略で抜き書きします。
城戸さんのご本は泣きながら読みました。特に帰国された後の苦しみの中で中国の養母に語りかける日記の所はかわいそうでした。図書館でお父さん御自身が日本語で書かれた「孫玉福-39年目の真実」という本も借りて読みました。「祖国の選択」も読みました。苦労してやっと帰国してきた人たちに、いったい私たちは何をしてあげたのか、またこれから何かできるのか、中国からの帰国者だけでなくブラジルから帰って来る人や難民として日本に逃れてきた人たちによりそっているだろうかetc etc考えることばかりです。
 鮮度が一番と発信します。立派な良き先輩、同輩、後輩に恵まれて、幸せです。平和教育の教材になることでしょう!!
23953411 岡田次昭さんの、文化フォーラム150回記念講演報告 - 伊藤規志子
2019/12/02 (Mon) 08:22:45
令和元11月30日(土)、私たち同期生(11期)15名(講演会開始時に大久保保直行さんと大谷悦夫さんが参加)が参加しました。
この講演会は、平成17年から休みなく続けられ、150回を記録しました。誠に立派な業績といえます。幹事さんの苦労は大変だったと思います。私も様々な幹事をしていますので、よく分かります。
この記念すべき講演の講師は、第45期の城戸久枝さんでした。題名は「あなたへと続く家族と戦争の物語」でした。
彼女が講演すると聞いて、南高の同窓生が49名も集まりました。その内、第11期生は15名が参加しました。松山からは横田早苗さんが、大阪からは森下寿々枝さんが参加されました。遠い所から有難うございました。大勢の為、食事は2回に分けて実施されました。私たちは、午前11時30分から食事をしました。会費は僅か1,000円でした。(バイキング方式の食事と講演費用)
私は、第1回、第2回の食事時にスナップ写真を沢山撮影しました。
さて、講演は1時15分から始まりました。プロジェクターを使いながら、時折解説が入りました。彼女の流暢な会話で一同は聞き惚れていました。話の内容につきましては、ここでは省略します。この内容につきましては、書物「あの戦争から遠く離れて 私につながる歴史をたどる旅」を購入して、通読して下さい。新潮社より文庫本が発行されています。税抜抜き価格は890円です。
講師の城戸久枝さんは、昭和51(1976)年に松山市にて生まれました。彼女は、私たちの母校・愛媛県立松山南高等学校を経て、徳島大学総合科学部を卒業しました。大学在学中に中華人民共和国の吉林大学に2年間留学しました。彼女は出版社勤務を経て2005年にフリーになりました。彼女には8歳の息子さんがいます。名前は、弦(ユズル)君です。
なお、彼女の父は国交のなかった1970年に中国から自力で帰国した元戦争孤児です。28歳の時です。彼は、苦労して日本語を勉強して、南校の定時制を卒業しました。彼は、昭和16年生まれで第11期生と同い年です。
そのことを著した書物「あの戦争から遠く離れて 私につながる歴史をたどる旅」において第39回大宅壮一ノンフィクション賞、第30回講談社ノンフィクション賞及び黒田清JCJ新人賞を受賞しました。この作品は、「遥かなる絆」のタイトルで2009年4月からNHKの土曜ドラマで放送されました。

主な著書は次の通りです。

あの戦争から遠く離れて 私につながる歴史をたどる旅 2007年8月
祖国の選択 2015年1月
黒島の女たち 特攻隊を語り継ぐこと 2017年2月
じいじか迷子になっちゃった~あなたへと続く家族と戦争の物語 2019年7月

午後3時過ぎに講演は終了しました。皆さんを代表して、作道文江さんが城戸久枝さんにバラの花を贈りました。
午後3時25分、星陵会館に隣接する東京都立日比谷高校の校庭で記念撮影を行いました。
ここで解散し、私たち同期生は、東京メトロ有楽町線麹町駅近くにある喫茶店「ベローチェ」に向かいました。この時、城戸久枝さん・浅野未希さん・第18期の伊藤規志子さんに私が声を掛けたところ、快く同意して戴きました。
浅野未希さんは、城戸久枝さんと同期生で、高校3年間同じクラスで仲好しでした。彼女は、昭和51(1972)年4月7日に松山市で生まれました。東京芸術大学を卒業しています。彼女はヴァイオリニストとして日本は元より世界で活躍しています。ヴァイオリン協奏曲の時には、楽譜を見ずに演奏するそうです。素晴らしい才能です。
彼女は、私好みの女性の一人です。その日のうちに、私は彼女に写真を送りました。
さて、喫茶店では12名が参加しました。城戸久枝さんと浅野未希さんから様々なお話しを聞けて、有意義な1時間を過ごしました。
ここで私たちは解散しました。森下寿々枝さん・木村礼子さん・作道文江さんそれに私の4人は八重洲口に向かいました。うどん屋で軽い食事をしました。食事後、森下寿々枝さんを新幹線の乗り場まで案内して、お別れしました。
私が帰宅したのは、午後8時過ぎでした。楽しい1日を過ごすことが出来ました。
(了)


23953219 文化フォーラム150回記念講演会 - 神野昭子
2019/12/01 (Sun) 23:51:12
今は亡き13期大久保さん宅の二階で立ち上げた
文化フォーラムが今月150回を迎えた。

記念すべき講演会は
45期 ノンフィクションライター城戸久枝氏。
「あなたへと続く家族と戦争の物語」

講師は1976年松山生まれ伊予市育ち、徳島大学在学中、中国吉林大学に2年留学。
横浜市在住、1児の母。
主な著書
 「あの戦争から遠く離れて~私につながる歴    史をたどる旅」 2007/8
    第39回大宅壮一ノンフィクション賞
    第30回講談社ノンフィクション賞
 「祖国の歴史」2015/1
「黒島の女たち特攻隊を語り継ぐこと」2017/2
「じいじが迷子になっちゃった~あなたへと続  く家族と戦争の物語」2019/7
第5回児童ペン賞大賞
国交がなかった中国から1970年に
自力で日本への帰国を果たした元戦争孤児の父
城戸幹さんのことを書いた著書をもとに
プロジェクターを使いながら講演された。
バックの音楽は著者の姉であるシンガーソングライターの作詞作曲でこれが非常に効果的であった。

著者はあの戦争でのじいじの出来事を子供に話し
その色んな行動や言動により自身の糧としている
という素晴らしい子育てをされている事に
感銘を受け、語り継ぐ事の大切さを改めて思った。
23946612 やまなみ合唱団に木下工さん入団! - 伊藤規志子
2019/11/24 (Sun) 21:43:24
11月18日カサモトにて、合唱団やまなみの反省会が開かれた。
合唱団は13期の篠崎正利さんの歌指導と、18期の松村静子さんのピアノ伴奏で練習している。6月24日、7月15日、8月12日、9月16日、9月22日、(大竹佳代さんとのピアノ合わせ)、そして総会懇親会の本番直前の総仕上げ練習の合計6回の練習をこなして発表会に臨んだ。反省会では以下の報告があった。バイオリニストの浅野未希さんからは、「今度は合唱団と共演したいわ」、西岡道雄さんや他の女性から、「男性の声が良く響いてすばらしかった」、作道文江さんからは「馴染みある選曲でよかった」など、好意的な声が寄せられたということだ。今回の反省会では、18期の木下工さんの参加があり、合唱団に入会してくれることになった。これに力を得て、合唱団やまなみは、来年度の同窓会にも参加することになった。来年度の渋谷の練習は、オリンピックの混雑を避けるため、練習開始を早めて4月頃から取り組むことになった。